真空亭雑記帖
当雑記帖は、真空亭住人の見たことやら聞いたことやら読んだことやらについての感想やら評価やらをつづるところである。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スティーヴン・スピルバーグ『ミュンヘン』
威風堂々の大作。スピルバーグのフィルモグラフィー的には『アミスタッド』系といったらいいのか、シリアスな題材をシリアスに扱いながら一般的なエンターテインメントとしても成立している重厚な近代史大作映画である――というと、映画史的にはデヴィッド・リーンの『アラビアのロレンス』を連想したりするのだが、単なる表層的な類似ではなく、国家と人間の相克というモチーフ的な面でも似通ったところもあり、あるいはそれは偶然ではないのかもしれない。
そして、その『アミスタッド』や『アラビアのロレンス』がそうであったように、本作もまた史実に材をとりながら、作家の個人的な興味や主題する作品でもある。その寓話性の強さという意味ではあるいは、歴史ものの映画よりも、『ゴッドファーザー』のような、より直截的に現代の神話たることを志向する作品に近いのかもしれない。
映画史に残る大作を引きあいに出しすぎていると思われるかもしれないが、これはそういった名作と張り合うに十分な作品だと思っている、ということなのである。今後、スピルバーグの一作といったら、『シンドラーのリスト』でなく『未知との遭遇』でなく、もちろん『プライベート・ライアン』でなく『ET』ですらなく、『ミュンヘン』になるだろう。とはいえ、あまりに重く激しく暗く厳しい物語であり、はっきりいって見るとどっと疲れるので、愛着という点では『宇宙戦争』『A・I』のほうを上におきたいが、それはまた別の話。劇場では映画が終わっても席を立たず、そのまま続けてもう一度見てしまっても全然後悔しなかった。それぐらいの傑作である。

 なんといってもトニー・クシェナーのシナリオが素晴らしい。 
 すでに事前に出ている情報の通り、テロの惨劇と、その復讐の悲惨をえがいた物語なのだけど、そこは『エンジェルズ・イン・アメリカ』の作者である。単なるお涙頂戴にも、ただ無常観だけが支配するような構造にはせず、どこまでも視聴者の理性を刺激するプロットと台詞を用意してみせた。そちら方面はもう見事しかいいようがない。見終わって、ぴたっと割り切れる気持ちに決してさせない、というのは、つまりそれだけ、情報提示のバランスがいいということである。復讐の過程のいやーな雰囲気醸成もすばらしい(ホテルで爆殺するエピソードの悪趣味加減は特に秀逸っていうかほとんど嫌がらせの世界だ)が、プロット的には、中盤のアラブ系の工作員との対話が利いていて、こういうアラブ側の言い分をきっちり伝えるやり方は、ジョン・ル・カレが『リトル・ドラマー・ガール』において、イスラエル建国時に「民なき土地に土地なき民を」のスローガンのもとで行われたイスラム人への迫害の情景を描いたのを連想させるが、千九百八十三年刊行の同著から二十年以上たってもまだ言わないといけないというのは一体何なんだろうと思わないでもないが、ともかく、この一見ベタな「顔のある敵との出会い」が物語を単なる一方的な復讐譚としてみることを強烈に否定する。

 しかもこのくだりは、大きなテーマを浮かび上がらせるだけでなく、スピルバーグの個人的な主題まですくい上げているのだから、たいしたものである。キーワードは「home」である(字幕では翻訳の都合上、祖国、家庭、等いくつかの単語があてられているが、nationを使ってからさらにhomeに言い変えている場面もあるほどに、重要な単語なのだ)。
 アブナーは、復讐の沃野にありながら、つねに「家」に帰ることを考える。何度かある料理のシーンは、せめてもの「家庭」の再現なのかもしれない(作れば作るだけその場が「家庭」に近づく……気がするのだろう。だから彼が非日常に染まれば染まるほど、作る料理が増えるのだ)。露骨にコッポラというかイタリアマフィアみたいな「パパ」の屋敷の一族の描写もまた、アブナーをむしろ精神的に追い詰めているわけである。それは彼がもっとも求め、かつ、いまもっとも思い出してはならない世界なのだから。
 残酷なことに、ある意味、彼は最後まで帰れないのである。あるいは「パパ」の断言が、小さな救いになったのかもしれない。しかしテロと報復への恐怖はつねに心の片隅にあり、そこは夢見た「家庭」ではないのだ。
 そう、これはもう何作目になるのかわからない、スピルバーグによる『ピーターパン』の再話なのだ。「えっ?」と思う人は、一度ピーターパンをちゃんと読んでみるといい。あれは「外に遊びに出て、帰るべき家を無くしてしまった子供」の物語なのだ。『激突』以来『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』『宇宙戦争』まで(『ターミナル』もそれっぽいが見ていないのでコメントは控える)、このシチュエーションが果たして何度繰り返されているだろうか。そういえば直接的にピーターパンをモチーフにした不気味映画『フック』というのもあった。今回もまたその流れにあるのである。そして、今回もまたピーターパンの生家の窓は閉じられたままなのだ。

 エピソード単位では、オランダ人の殺し屋のエピソード(猫のくだり)は、一部の人間には凄く強力。
 キャラクターとしてはキーラン・ハインズのカールがその死に方も含めて印象的である。新ボンドは、この映画では適役だけれども、あまりボンドっぽくない気がする。

 さて、基本的にすばらしい作品なのだけど、欠点もないわけでもない。いつものことながら、人間にあまり興味ない感じがするのは映画的にはマイナス(それはテーマとかかわりある部分ではあるのだが……)。ヤヌス・カミンスキーの冷ややかな映像美とあいまって、非常にアンチエモーショナルなのだ。その辺がスピルバーグがリーンやコッポラと並べて語られにくいところかなという気はする。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sinkuutei.blog107.fc2.com/tb.php/11-039bb306
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

真空亭

Author:真空亭
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。